食料自給率低下の背景

食料自給率低下の背景はまず食生活の変化です。

食の欧米化でパンや肉類へ移行し国産品以外を使う比率高まりました。

そして、日本の農業問題です。

急激に増えた小麦やトウモロコシ、大豆は広大な農地が必要です。

日本には適した広大な農地がありません。

また 農業就業人口の減少です。

2015年の農業就業人口210万人です。

全就業人口の4%で5年前から51万人減少しています。

さらに平均年齢66.4歳と高齢です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中